抜歯をしないで歯を救う優しい治療方法

抜歯をしないで歯を救う優しい治療方法

虫歯や歯周病が重度にまで進行すると、歯科医院によっては「抜歯するしかない」と診断されるケースもあります。港区新橋の歯科・歯医者「吉樹デンタルクリニック」では、なるべく歯を残す治療を心がけています。他院で「抜歯」といわれてしまったケースでも歯を残せるかもしれません。

当院ではどうしてもやむを得ない場合を除き、できるかぎり歯を残す「抜歯しない治療法を探求し、ご提案しています。大切な歯を1本でも多く、長く残すために、あきらめずにご相談ください。

※当院においては歯を残すために、日本国内、国外から年間を通じて多数来院されます。非常に多くの治療実績があります。

歯周病(歯槽膿漏)の場合

抜歯となる理由 歯周病が重度にまで進行すると、顎の骨や歯ぐきなどの歯周組織が痩せ、歯を支えられなくなってしまいます。歯はぐらぐらし、食べ物を咬むことができません。
治療法 軽度から中等度の場合には、歯周病になった原因である歯垢や歯石を取り除いた後、GTR法エムドゲイン(R)法などの再生療法を行うことで、顎の骨を回復させることができます。また重度にまで進行した場合でも、骨の欠損状態によっては再生療法が有効なケースもあります。

虫歯の場合

抜歯となる理由 虫歯が進行して歯冠部分がなくなり根の部分だけになると、歯肉が被さってきたり、被せ物を支えられなくなったりして、抜歯の対象となります。
治療法 歯根に被さった歯ぐきの形を整える処置「クラウンレングスニング(歯冠延長術)」や、矯正力によって埋もれた歯を歯ぐきの上に引っぱり上げる「エクストル―ジョン(矯正的てい出術)」を行うことで、7割以上の歯を残すことができます。

歯根破折(歯のひび割れ)の場合

抜歯となる理由 歯根に何らかの力が加わると、歯根が割れてしまう「歯根破折(しねはせつ)」が起こることがあります。破折した部分から歯周病に感染して顎の骨が吸収され、抜歯の対象となります。
治療法 歯科用顕微鏡などの拡大鏡を用いてさまざまな診査を行って歯根の長さを確認し、破折部分が3分の1程度であることがわかれば、「エクストル―ジョン」や「クラウンレングスニング」によって破折していない部分を歯ぐきの上に出すことができます。

>>「歯根破折」について詳しくはこちら

根尖病巣(根の先に膿が溜まる病気)の場合

抜歯となる理由

根管治療によって歯の神経を取り除いてしまうと血液が流れなくなり、神経の通っていた根管の中に細菌が繁殖し、身体の免疫力がそれを退治しようとして根の先で戦います。

その結果白血球などの死骸が蓄積し、膿が溜まることに。身体の抵抗力が低下すると急性化して、歯ぐきの腫れや激痛が生じてしまいます。

治療法 再度的確な根管治療を行い、根管の中をきれいに洗浄して、細菌が繁殖しないよう薬剤を詰め治癒に導きます。当院では必要に応じて歯科用CTやマイクロスコープ(拡大鏡)などを用いて、精密な治療を実現します。

>>「根尖病巣」について詳しくはこちら

治療例紹介

CASE1:歯周病の悪化

通常抜歯の選択となるケースですが、歯周組織再生療法によって歯牙を温存し、修復治療を可能にしました。

治療前 治療後
治療前 治療後
レントゲン写真から、矢印部分に顕著な骨吸収が確認できます。 歯周組織再生療法によって、歯肉・顎の骨が再生されました。
治療前 治療後
治療前 治療後
CASE2:外傷による歯冠・歯根破折

通常抜歯の選択になるケースを、エクストルージョン(矯正処置)によって歯牙を温存し、修復治療を可能にしました。
※部位や環境によります。

初診時1 初診時2
初診時1 初診時2
残存している歯牙が骨内部にあることがわかります。 外傷による前歯の歯冠・歯根破折によって他院で抜歯の説明を受け、当院に来院されました。
術前 術前
術前 術前
歯牙を残存させるために矯正装置を装着し、歯牙を歯冠側に牽引します。
術前 術後(レントゲン)
術前 術後(レントゲン)
レントゲンでも確認します。 矯正的てい出法によって健全な歯牙を骨外に引き上げ、修復処置が可能になりました。
支台築造 治療完了
支台築造 治療完了
修復物を装着するための支台を築造します。 支台に修復物を装着し、機能を回復させることができました。
CASE3:虫歯の悪化

通常抜歯の選択となるケースを、クラウンレングスニング(歯冠長延長術)によって歯牙を温存し、修復治療を可能にしました。

初診時1 初診時2
初診時1 初診時2
虫歯の悪化によって歯冠部分の大きな欠損が確認できます。他院にて抜歯と診断され、当院に来院されました。 クラウンレングスニングによって、歯ぐきの上に健康な歯質を引き上げました。
支台築造 治療完了
支台築造 治療完了
修復物を装着するための支台を築造します。 支台に修復物を装着し、機能を回復させることができました。

吉樹デンタルクリニックへ「初めてお越しになる方」はこちら